San Jose ゆとり駐在妻の備忘録

San Jose✍︎ ゆとり駐在妻の備忘録

英語が話せない私がカリフォルニア サンノゼで海外生活を送ったら

【バイト生活#2】アメリカでのバイト、実際どうだった?

 

サンノゼでアルバイトを始めた私。

実際、英語を使ったお仕事は出来るのか?
アメリカで働くってどんな感じなのか?

経験談を綴ります✍︎

f:id:us3jose:20210518212735j:plain

どうやって仕事を覚えるの?

同僚の方から仕事を教えてもらう場面では、正直3割程度の単語を拾うのがやっとという感じでした。

とはいえ、私は飲食店で働いていたので、言葉が理解出来なくても動きを見れば大体のことは分かりました。

食材の下処理や、機材のセッティングなど、逆に目で見た方が早いんですよね。


ただ、割と細かい箇所の注意を受けた時に、「○○ちゃんからは○○するように言われたでしょ?」と言われ、えええ…どうかな…すんません😥って時はありました。

言葉の壁にかかわらず起きる問題ではありますが、聞き漏らしてしまう回数は増えてしまいます。。

どんな英語を使うの?

基本は流れ作業だったので、スタッフ達とのやり取りもワンパターンで、決まったフレーズばかり使っていました。

Can you make 3 negima?
ねぎまを3つ作ってください。

Can you make one more onigiri?
おにぎりをもう一つ作ってください。

We have 2 oyako don, OK?
親子丼2つオーダー入ってるけど、分かってるよね?

When will it be ready?
どれくらいで出来ますか?

 

 

うん。ほぼほぼこれで仕事になってましたね

増えないボキャブラリー。笑


あとは、「Thank you」「OK」 「Sorry」も連発します。

ひとつ違和感だったのは、ウォッシャーの方に洗い物を出す時にThank you.と声をかけること。

例えば、洗濯物を出す時に「ありがと!」って言いながら出したら、嫌味っぽくなりませんか?笑

私の考え過ぎではあるんですが、結構むずがゆかったです。

「お願いします」っていう言葉がある日本語って日本人らしいですね。

 

お客さんとのやり取りでよく使うフレーズはこんな感じ☟

We're open from 12:00.
12時からオープンです。

Your meal will be ready in 15min.
15分ほどで用意できます。

Did you order?  Did you receive the email?
注文した?メールは受け取った?

Your name, please.
名前は?

Please keep it in the refrigerator.
冷蔵庫で保存してください。

We're accepting online order only.
オンラインオーダーのみ受け付けてます。


質問して意思確認をすることは多いですね。
コミュニケーションの基本ではありますが、相手が何を聞きたいのか確認することが大事だと教わりました。

お客さんの話していることが聞き取れない時は何度も「Sorry?」と聞き返したり、「Could you speak more slowly?」とお願いします。

バイト先の客層は穏やかな方が多かったので、それは幸いでした。

バイト先を探す時は客層を確認しておくのも割と大事だなと思いました。

言葉の壁を感じることは?

スタッフとのやり取りに関しては、えぃやぁで押し切れることが多いですが、お客さんに関しては、説明に行き詰まる場面が出てきます。

決まったフレーズから外れると途端に頭が真っ白になってしまうんですよね><

まぁそこは踏ん張って単語を無理矢理並べてご説明して乗り切る日々です。

紙のメニューはないのか聞いてきたお客さんに「No paper menu. Online menu only.」と10回くらい言い続けた日もありましたね…笑

 

あと辛いのは、ミスをした時のリカバリーが自分で出来ないことです。

お客さんに謝ってご説明しないといけないようなミスをしでかした時は、別のスタッフに対応してもらうことになります。

ミスをしてお客さんやお店に迷惑をかけてしまったことはもちろん、自分で尻拭いも出来ないっていうのは、悲しかったですね。

とはいえ、起こってしまったことは仕方ないので、気持ちを切り替えて、同じミスはしないようにすること・どんな風に説明すればいいのか勉強させてもらうことで、次の成長のつなげます。

でもそんな簡単に気持ちは切り替わらないのだ(;;)

どんな人が働いているの?

カリフォルニアなので、やはりメキシカンが多かったです。(アジア人や白人の方も若干名はいました。)

男性ばかりだったので、最初は怖かったのですが、みんな穏やかな感じで優しいメンズ達でした😇

ビビっていた分、笑顔で「分からないことあったら何でも聞いてね」と言われた時は、泣きそうなくらい嬉しかったです。

 

外国人あるあるではありますが、年齢についてはみんな不詳です。

ワンチャン自分が最高齢よなあって思いながら働いています。

一度、高校生の同僚に質問をした際、私の文法がめちゃくちゃ過ぎたようで、

What?

ってストレートに返されました。笑笑

うわ、生ホヮッツもらっちゃったよ…と内心泣き笑い状態でした😭

 

ということで、意外に働けるもんなんだなってことが伝わりましたでしょうか?

もちろん言葉の壁はありますが、パッションと努力でどうにでもなるな、というのがやはり結論になります。

  • 失敗にくよくよしない強いメンタル
  • 文法など気にせず明るく話す
  • もっと話したい!と思うなら、少しずつでも覚える努力をすること

出川イングリッシュが分かりやすいとは思うんですが、文法なんて関係ない。大きい声で元気に話せば、自然と笑顔になって相手は心を開いてくれるんですよね。

 

次回はバイトをして良かったことをテーマに記事を書きたいと思います😌