San Jose ゆとり駐在妻の備忘録

San Jose ゆとり駐在妻の備忘録

英語が話せない私がカリフォルニアで海外生活を送ったら

エモい写真スポットinラスベガス🗽ネオンミュージアム♡

 

アメリカのラスベガスにエモ可愛いインスタ映えスポットを発見🥺

なんともフォトジェニックな場所となっているので、前撮りや後撮りなどフォトウェディングにも持ってこいです。

まだ日本では広く知られていない穴場なので、他の人と被らないオシャレでかわいい写真が撮れますよ♡

f:id:us3jose:20201013211409j:plain

撮影スポットの名はThe Neon Museum(ネオンミュージアム

LEDの台頭により今は使われなくなったネオン看板を集めて展示した屋外博物館なんです!

ラスベガスの街並みといえば、ディズニーランドさながらの煌びやかなライトアップですよね。

そのポップで楽しい電飾が所せましと並ぶ景色ときたら、そりゃあもう映えの極みです。

f:id:us3jose:20201017132201j:image

f:id:us3jose:20201013211357j:plain

f:id:us3jose:20201013211417j:plain


技術の進歩に逆らえず戦力外通告を受けながら、今はそのレトロさを武器に変えてセカンドライフ謳歌するネオン達。

(ムダに小洒落たキャッチコピーが浮かんできて勿体なかったので恥を忍んで書いておきました)

そんなバックグランドが景色をよりエモく感じさせます。

新品には出せない味、加工しても出せない味。
この看板が現役で活躍していた頃のアメリカの様子に思いを馳せながら巡りたいものです。

f:id:us3jose:20201013211345j:plain

f:id:us3jose:20201013211400j:plain


【開館時間】

15:00~23:00


【料金】

一般(15:00~18:00):20ドル
ガイドツアー(18:00~23:00):28ドル
ライトアップショー(19:30~23:00):23ドル

 

第一線から退いたとはいえ、まだまだ現役。夜になるとネオン看板には灯りがともり、ライトアップされるんです♡

温かみのあるレトロな、そしてクールでかっこいい電飾を楽しむことができます。


f:id:us3jose:20201014085736j:image

f:id:us3jose:20201014085732j:image


このミュージアム、見るだけでももちろん楽しいのですがネオン看板をバックに写真を撮ると、めちゃめちゃかわいいです♡

モデル気分になって楽しい撮影会のはじまりはじまり…

f:id:us3jose:20201013211406j:plain

どこを切り取っても絵になるので、ウェディングフォトの撮影スポットにもなっています♪

ポートレート写真において背景はとても大切な要素。

海外のおしゃれな雰囲気がお好みの方にはピッタリの場所かと思います。

f:id:us3jose:20201013211348j:image

f:id:us3jose:20201013211414j:image

f:id:us3jose:20201013211352j:image

 

ラスベガスならではの楽しい観光スポットとなっていますので、アメリカ旅行の際にはぜひ訪れてみられてはいかがでしょうか🥰

【Amazonプライムデー】歯科医おすすめのWaterpikフロスをGet!

 

年に一度のアマゾンプライムデーが始まりましたね👏

今年は、以前から欲しかったWaterpik Flosser(ウォーターピックフロッサー)が半額近くまで安くなっていたので、ありがたくポチしました。

f:id:us3jose:20201014092530j:image

お水で歯間を掃除するデンタルケア製品でして、アメリカで通っている歯医者さんからすごくオススメされていたんです。

プロフェッショナルな先生の推し製品なら信頼度も高いですし、速攻購入してもよかったんですが、100ドル弱はするので即決が出来ず機会を伺っておりました。

公式サイト・AmazonCostco等で購入出来ますが、私が見る限りでは普段からAmazonが最安値です。

Costco(コストコ)もお買い得だとは思うのですが、付属品が多いバリューパックという感じで、ちょっと私のニーズに沿うものではありませんでした。

 

ベーシックな機能だけあればよかったので、私が選んだのがこちらのAquarius®という製品です👇

 
Amazonではナンバー1のベストセラー商品だそうで、通常価格は$69.99。

今回のプライムデーでは、約40%オフの$39.93で販売されていますよ~。

 

デンタルケアは糸のフロスと歯間ブラシを毎晩するようにしているのですが、手が疲れてきたり眠いしで、作業にムラが生じちゃうんですよね。(少なくとも私は)

ウォーターピックなら電動でのお掃除なので簡単・楽チン。

普段のケアではなかなか難しい歯と歯茎の間の溝にもアプローチ出来るようでして、この点も嬉しい。

歯間ブラシの針金が歯茎に刺さって「Ouch!!!」っていうのともおさらばです😂

歯間ブラシ代も地味に浮きますしね。

 

使用するのは水道水だけで特別なお手入れも不要なようなので、そこもいいなと。

また、ネットのレビューを見てもなかなか満足度が高そうです。

なんせ歯医者さんが割と大きめな声で「いいですよ!」って仰ってたので(笑)、期待大です。

 

あ、あとカラー展開が豊富。私はパステル色のミントグリーンにしました〜〜。
(iPhone12のミントグリーンもかわいいわ…)

 

届くのが楽しみ🥰

 

ちなみに日本も通販サイトやコストコで購入することが可能です。

 

乙女心くすぐる雑貨屋PAPER SOURCE♡アメリカ土産にも最適!


週末、Sur La Tableで買いたいものがあったのでパロアルトへ。
サンタナロウ店もサンタクララ店もコロナ禍で完全閉店してしまった😢)

お目当ての品は、にんにくピーラー🧄

セール中で$8.00が$5.46になってるんです。

 

これまでの剥き方がいまいち微妙だったので、簡単そうなこのピーラーを試してみたかったんですよね。
(筒の中にニンニクを入れてコロコロするだけで皮が剥けるそうな)

あと、にんにく柄とSur La Tableのロゴが入ったデザインもツボ♡

もし使い勝手がよければ、またご報告します。

 

無事、お目当ての物がゲットできて駐車場を出ようとしたところ、テナント看板に「PAPER SOURCE」のロゴを発見。

ここのPAPER SOURCEはいい感じの商品と出会える気がする!とビビビレーダー発動。

文字通り後ろ髪を引かれながらキョロキョロしていると、「どっか行きたいの?」と夫。

察してくれてありがとう。

私の行動心理が読めるようになってきた証。笑

特に後ろに用事もなかったので、戻ってくれました👏

f:id:us3jose:20201006092704j:image

PAPER SOURCEはシカゴ生まれの雑貨屋さん。ペーパーアイテムをはじめ、かわいい雑貨が集められたお店です。

雰囲気的にはFrancfrancが近いですかね。

Wikipedia情報では、日本へ旅行に来た際に洗練された文房具に刺激を受けて開業されたんだとか。

もうこの時点で、日本人女性は皆さんお好きな感じのお店だと分かって頂けるんじゃないかと思います。

 

少なくとも私はこのお店のアイテムは超好み。

オフィスのデスクにはかわいい文房具や小物を置いて、ちょっとでも仕事を楽しく過ごそうとするタイプだったもので🥰

同じようなタイプの方にはとってもおすすめですよ〜。

全米各地に店舗があるので、アメリカ土産を探すのにも良いと思います。

 

ベイエリアだとサンタナロウにも店舗があります。
パロアルト店は今回初めてだったのですが、こちらの方が売場面積がちょっとだけ広くて、置かれている商品も私の好みでした。

私のビビビレーダーに狂いはなかったです。

 

↓カラフルでおしゃれな柄の包装紙が沢山
f:id:us3jose:20201006092843j:image

↓レターセットも種類豊富です
f:id:us3jose:20201006093007j:image

↓欧米テイストのバインダー($27.95)私だったらコピー用紙の裏紙を挟んでおいてメモ用紙として使いますね~。
f:id:us3jose:20201006093051j:image
f:id:us3jose:20201006093101j:image

↓ I NEED A NAP(昼寝したい)離席する際に置いといたらユーモアたっぷりで面白い。笑
f:id:us3jose:20201006093809j:image

↓ミトン($15.95)アメリカンなデザインがかわいい…サンクスギビングか年末に安くならないかな。
f:id:us3jose:20201006093726j:image

↓アボカドのコンタクトケース($6.95)ミニチュアってなんでこんなにかわいいんでしょう。
このケースが好きな方は往々にしてシルバニアファミリーがお好きだったのではと思うんですが、いかがですか?
f:id:us3jose:20201006093744j:image

↓サンフランシスコのイラストがおしゃれなコースター。遠方からのゲストを招いた時などには、雰囲気が出ていいですよね。
f:id:us3jose:20201006093748j:image

↓バターを模したメモパッド($9.95)こりゃディスプレイ用だな。封は開けないな。
f:id:us3jose:20201006093739j:image

↓挟み込むタイプのファイル。デスクが華やぐわ。
f:id:us3jose:20201006093804j:image

↓左上の黄色い筒。世界地図でして、訪れた国をスクラッチしていくものです。
私全く同じものを日本で購入したことがあったので、やっぱりこの店とフィーリング合うわ~と感動してパシャリ。笑
f:id:us3jose:20201006093801j:image

↓Beer Pong(ビアポン)セット。欧米で人気の飲みゲームで、相手側の紙コップにピンポン玉が入れば、相手がそのコップを飲む。先に全部飲まされた方が負け。
盛り上がるそうですよ。うん、盛り上がりそうだ。
この紙コップは遊び用にして、実際飲む時は別のグラスを使えば衛生的ですね。
f:id:us3jose:20201006093735j:image

↓パーティーグッズももちろん。色とりどりでかわいい…♡
f:id:us3jose:20201006093730j:image

↓ラッピングタグも種類豊富。ああ、たまらん。
f:id:us3jose:20201006093757j:image

↓バスグッズや美容グッズもあってギフトにもいい感じ♪
f:id:us3jose:20201006093752j:image

 

写真を見返しただけでもまたワクワクしてきちゃいます、、。

(あ、私もワクワク族だった!笑 ※)

※先週のロンハー"アイツ語ってたよGP"のネタです

 

日本のテレビ番組を格安で見たい方はこちらの記事もどうぞ💁‍♀️

アメリカ初ラウンドはローカルとのドキドキゴルフ!

 

先週末は久々に運動をしまして、いい汗(いや冷や汗?)をかきました~。

f:id:us3jose:20200930175919j:plain

猛暑だったり灰の影響だったりで、(というのは言い訳で)夏の間は完全にサボっていた私。

土曜日に「そろそろゴルフするか」と重い腰を上げて打ちっぱなし練習場へ。

すると思いの外、夫婦揃って調子が良い。熟成させた方が上手くなるんですかね、、?笑

そこまで色んな事を意識しなくても、ダフリやトップをすることもなく割とまっすぐ飛んでくれました👏

 

そこで、かねてより挑戦したかった18ホールロングコースへ翌日行くこととなりました。

アメリカでのコースデビューです。

夫に至ってはショートコースやハーフは回ったことがあるものの、ロングコース自体が未経験。
今の腕前ならチャレンジしても大丈夫でしょという判断になったわけです。

 

アメリカのゴルフ事情をサラっとご紹介👇

  • スループレイ(9H後の休憩なし)
  • 2サムや3サムはない(相席プレイ)
  • プレイフィーが安い
  • 服装にうるさくない(ジーパンOK)

日本の一般的なゴルフコースとの違いはこんな感じになります。

スループレイで体力が持つか少し不安なことに加え、2サムがないのが敬遠してしまう一番の理由でした。

ゴルフは1組4人で回るのが基本ですが、2人か3人で回ることを2サム、3サムと言います。
日本では2サム保証プランなんかがあるのですが、アメリカにはそういったサービスはなく、空きがある組に他のプレーヤーも入れていくんですね。

相席をイメージしてもらったら分かりやすいです。


下手くそだとラウンドも時間がかかるので、一緒に回る他のプレーヤーにご迷惑もかかってしまいますし、何より緊張で楽しいゴルフも楽しくなくなってしまう恐れがあります。

(割と冗談抜きにそうです)

 

 で、今回ラウンドしたゴルフ場(Pruneridge Golf Club)はというと、何となく2サムで出来そうだったんですよね。
「2to4 Players」の枠で2人分予約した後に再度、空き状況を見たところ、その枠自体なくなっていたので、きっと大丈夫だ!と思っていたんですが、、

当日、1番ホールで順番を待っていると、イケメンなお兄さん2人組が現れたのです。笑

 

「先打ってくれていいよ」とか言われたんですけど、内心「うわあ。帰ろうかな。帰りたいな。精神的に無理だわ。。」って感じでした。

そして迎えた第1打のドライバー。

 

 

ゴロでした。

夫婦揃ってゴロでした。

もう無理だ。。帰りたい。。

と思うところを、何とかこらえて第2打のフェアウェイウッドはまともに飛ばして、修正しました。

 

最初のドライバーこそ大きなミスだったもの、そこからは比較的調子よくプレイ出来まして。はい、耐えました。

何がよかったって、イケメンお兄さん達(ていうか同い年くらいか、なんなら年下)が超優しいんです。

うまく打てたら毎回褒めてくれますし、ドライバーに失敗した時は打ち直しもさせてくれました。

そして度々、「焦らないでいいよ、ゆっくりやって。」と言ってくれるんです。


ただし英語力に難アリの私。ボキャブラリーが無さすぎるので、「Yeah, thank you.」を連発します。

何言ってるか分からない時は微笑み返すのみです。

無視した形になっていたら申し訳ないので、夫に「悪い子じゃないんだよって言っといて」と頼みました。

 

9ホール目が終わった折り返しの際、夫がその場を離れたちょっとしたタイミングでイケメンに話しかけられたのですが、適当に返事をしていたら困った顔をされてしまったので、「Sorry, I couldn't speak English.」(なぜか過去形)と話しましたところ、それはそれは優しく「分かるよ。大丈夫。」とか言ってゆっくり「現在のスコアはいくらか」と質問してくれました。

計算していなかったので、ブツブツ言いながら頑張って足し算して(笑)、「62」と見せたところ、

Have fun☆☆

て返されましたね。笑

私にしては割と調子いい方のスコアだったんですけどね。

なんか色々と言ってくれていましたが、「fun」を何回も言ってくれてることだけは聞き取れました。

とりあえず120点の笑顔で返しときました。

 

紳士的だったのは、このお兄さん達だけではありません。

サンドウェッジのクラブを3番ホールに置いてきてしまったのですが、途中で後ろの組の男性が「これ君のかい~?」って持ってきてくれました。

(明らかに女子感溢れるクラブだったので遠目から見ても同じのだと分かったんだと思います。)

したらば、私が返事する前にイケメンお兄さんが「Yes, thank you!」って返事してました。

パンサーの尾形思い出してちょっと笑っちゃいましたよね。

でもなんか守られてる感があって、女子にはそういうの刺さりがちです。


「Thank you so much.」と割と感情を込めながらお礼を言ってクラブを受け取ったら、その渡しに来てくれた男性もまたイケメンでした。

外人ずるいぜ。

 

ちなみに一緒に回ったお兄さん2人組は、ゴルフ歴1年半だとのこと。にもかかわらず、半分終わったところで8オーバーの「44」と言っていてびっくり!

いいなあ、もっとうまくなりたい。

そんな上級者と回るラウンドはやはり緊張はしましたが、パターで一緒に一喜一憂したり、夫はちょっとアドバイスを貰ったりもして、楽しい面も沢山ありました。

個人的にはボールを見つけてくれるのがありがたかった。笑

「オレンジのやつだよね?」とボールを指差しながら聞かれて、「Yes, orange one!」と返す。そこだけはちゃんと会話が成立するのも嬉しかったり。

 

今回は、18ホール回り切る前に日が落ちてきてボールが見えづらくなってしまったので、私たちは途中で切り上げました。(夫も初ラウンドでかなりお疲れでしたので)

イケメン2人組はというと、電球のようなボールを使ってプレイを続けていました。(超便利!)

ゴルフはうまく打つことも大事ですが、ボールを早く見つけることも大事ですね。
後ろがつかえているので、ボール探しにはあまり時間をさけません。

初心者は特に目立つ色のボールを使うのが吉です。蛍光色の赤色は特に最強です◎

 

アメリカでのコースデビューはドキドキいっぱいのラウンドとなりました😂

一緒に回ってくれた優しいメンズには感謝でいっぱい。

ちなみに最終スコアは出せませんが、後半は調子が上がって平均ダブルボギーで来ていたので、そこから予想される今回のスコアは「115」になります。

(準公式ベストスコアに認定されました)

よっしゃ。

目指せ100切り〜〜。

誕生日はピニャータ割りとFleming’sステーキを。

 

先日、夫の誕生日だったのですが、私の念願だったピニャータ割りが出来ました。笑

 

お知り合いの娘さんが1歳のお誕生日を迎える時に、アメリカではどんなプレゼントをするものなのかなと誕生日について調べたのが、ピニャータを知ったきっかけでした。

私が想像していた以上にアメリカではお子さんのバースデーを盛大に祝うようでして、お部屋の飾り付けはフォトスタジオさながら、プレゼントはてんこ盛り。

そして、お楽しみタイムのピニャータ割りです。

ラテン地域発祥の文化だそうで、天井に吊るされたボックスを棒で叩き割って、お菓子をゲットするという遊び。

私も子ども時代にこんな楽しいのしたかったわ〜〜なんて思ってたら、「どうぶつの森」の誕生日イベントにピニャータ割りがあったんです😂

 

夫のサブアカウントピニャータ割りを楽しみました。

f:id:us3jose:20200924104624j:image
↑めっちゃ叩きます。

f:id:us3jose:20200924104620j:image
↑割れました。カップケーキが出てきました。

 

ちなみに、カップケーキは割るまでにかかった時間で最大10個まで貰えますが、私は8個でした。

次の自分の誕生日でリベンジします。

 

ゲームの話が続きますが、誕生日には何かとケーキグッズをゲット出来ます。

うちの島は「ホールケーキ島」と名付けているので、島にディスプレイするケーキを手に入れる貴重な機会なわけです。

(ホールケーキ島と聞いてワンピースを思い浮かべて下さった方、同世代です。よろしくお願いします。)

f:id:us3jose:20200924105302j:image
↑ゲットしたケーキを早速配置。嬉しい🥰
(ゲームしてない人には伝わらないけど笑)

 

さてさて、ディナーはサンタクララFleming’s Prime Steakhouseへ行きました。

最近、テラス席が新設されたので、お店で出来立てのステーキを食べられるようになったのです。

山火事の灰もおさまってくれて、外での食事もまた気持ちよくなりましたね☺️

 

↓このアペタイザーがここで一番好き。(ステーキじゃないんかい)
f:id:us3jose:20200924111936j:image

ブラッタチーズ・生ハム・トマトのブルスケッタ。素材も味付けもおいしい〜〜。

 

ステーキは熟成肉(Dry-Aged)を注文。
最近、ステーキの味の違いが正直分からなくなってきました。

旅先でふらっと入ったお店でも十分おいしいのです。。お高めの霜降りステーキは胃がもたれるのです。。

 

ちょっと話は逸れますが日本だと、神戸の雪月花というお店の神戸牛ステーキがおすすめです。やらかいのなんのって。

アメリカのスーパーやらレストランでは、やたら「Kobe Beef」というワードを見かけるんですが、本当の神戸牛であることは滅多にないようです。親切なところは、Kobe beef styleなんて書いてたりもします。

それだけ神戸牛の知名度が高いってことですね。

 

↓Seasonal Featured Lobster Tail
f:id:us3jose:20200924113417j:image

もう一つのメインは、ロブスターを注文。

これがまたうまかった♡

ぷりっぷりで食べ応えがあって、ステーキとの相性がよかった◎

ステーキはお肉の上にトッピングを乗せることが出来て、ロブスターも選べるのでそちらもオススメ。
コスパがいいのと、あと映えます。笑

 

↓デザートはクレームブリュレ
f:id:us3jose:20200924120340j:plain

アメリカのレストランでデザートが口に合うお店って少ないけど、ここのクレームブリュレは大好き。

甘党じゃない夫もおいしいと言って食べます。

 

テイクアウト熱が高いこのご時世。
このチャンスを活かして、今度これだけテイクアウトしてみようかな。(出来るかな)

 

Fleming’sは店員さんのホスピタリティが高く居心地が良いので、記念日や大切な会食などに使えるお店ですね。

店舗数が多いのにこのクオリティ。教育が行き届いてるのかしら。