San Jose ゆとり駐在妻の備忘録

San Jose ゆとり駐在妻の備忘録

英語が話せない私がカリフォルニアで海外生活を送ったら

【国立公園周遊】#3(グランドキャニオン サウスリム&ノースリム)_グランドサークルの旅

 

グランドキャニオンやザイオンをめぐる国立公園周遊の2日目。

この日は、夜明けから日暮れまでグランドキャニオン三昧です。

テレビや雑誌でよく見るグランドキャニオンの景色は、サウスリムという南側のエリア。
渓谷を流れるコロラド川を挟んだ反対側にはノースリムというエリアもあるんです。

地図で見ると目と鼻の先にあるノースリムですが、4~5時間かけてぐるっと迂回しないとアクセス出来ません。

事前の下調べでノースリムの評判が良かったので、この周遊ではサウスリムとノースリムの両方を楽しむことに!

ノースリムからの景色はほんとに幻想的でずっと忘れられない思い出です🥺

ロードトリップ全体の日程表:

旅程

5:00 ホテル---10m---マーサーポイント
5:10 📷サンライズ鑑賞
6:40 朝食(マクドナルド)
7:00 仮眠@ホテル
11:10 📷マーサーポイント&ヤバパイポイント
12:00 サウスリム---1.5h---フラッグスタッフ
13:30 給油⛽️&昼食(寿司 Go Sushi
15:00 フラッグスタッフ---4h---ノースリム
19:00 📷夕陽鑑賞@ケープロイヤル
20:00 ケープロイヤル---1h---ホテル
21:00 ホテル
          Grand Canyon Lodge North Rim
21:00 夕食(サンドイッチ)

マーサーポイントからの朝焼け

写真家にとってグランドキャニオンは、日の出と日没それぞれ前後3時間が勝負と言われているそう。

行ってみて確かにこれは納得でした。

サウスリムの人気な朝焼けポイントは、マーサーポイント(MatherPoint)かヤバパイポイント(YavapaiPoint)です。

パンフレットなどにある写真はマーサーポイントから撮影したものが多いということで、私はコチラを選択。

なお、ヤバパイポイントはマーサーポイントから歩いて15分なので続けて観光できます◎


日の出時間の20分ほど前にビジターセンターに車を停め、歩くこと5分、マーサーポイントに到着。

昨日はグランドキャニオンを拝めずじまいだったのでこれが初対面。

薄ぼんやりグランドキャニオンらしきものが見えてきたと思ったら、前方180度大パノラマの壮大な景色にゾクッとしました。

↓夜が明けてきました。三日月がいい味出してます。
f:id:us3jose:20200904091541j:image

↓日が昇り始めると峡谷が赤色に染められます
f:id:us3jose:20200904122617j:image

↓高い所から順に日が当たり始めます
f:id:us3jose:20200904122803j:image

↓下の方にも光が届き始め陰影がはっきり。綺麗です。
f:id:us3jose:20200904123325j:image

↓完全に日が昇りました。THEグランドキャニオンという感じですね。
f:id:us3jose:20200904123503j:image

↓縦の構図の方が圧巻の壮大さが伝わりますね
f:id:us3jose:20200904123507j:image

ヤバパイポイントとの往復もたっぷり渓谷の美しさを堪能。1時間半ほど経過していました。

 

この後一旦、ホテルに戻って仮眠を取ってお昼前にもう一度マーサーポイントに戻りました。(昼間の様子も気になって)

朝よりも渓谷の様子をはっきり見ることが出来て、ビッグスケールな景色を朝よりも楽しめた気がします。

ただ、写真に撮ると驚くほど微妙でした。写真だとものすごくのっぺらぼうに写ってしまうんです。

自分の目で見たものとかなり違い過ぎて、写真を見た時「これ何?どこ?」と言ってしまいました。

f:id:us3jose:20200904162142j:image

結局、昼間もマーサー⇔ヤバパイ間を往復して景色を堪能してしまったため、ちょっとだけ見るつもりが1時間ほどたっぷり楽しんでしまいました。

ノースリムに向けてドライブ

続いては反対側のノースリムでサンセットを見るために、長距離ドライブです。

ロードトリップ2日目にしてもうコッテリ系料理が受け付けなくなってしまったので、昼食はお寿司(Go Sushi)にしました。

アメリカのお寿司というといわゆるカリフォルニアロールになります。でもこれはこれで美味しいんです。素材とマッチした味付けになっていて私は好きです。日本に帰ったら恋しくなりそう。笑

さて、昼食後に夫からこの後の予定の確認が入りました。

我が家では私が旅程を立てて、夫は(こだわりがないので)それについて来るスタイルです。

計画段階で訪れたいスポットの話はしますが覚えないので、当日のそのタイミングになって改めて聞かれます。

この時もそうだったわけですが、「ノースリムロッジのテラスと、ケープロイヤルっていうポイントと両方から景色見たいんだよね」と返答。

夫がナビで目的地設定したところ、両方行くことは時間的に不可能なことが発覚。

さらには、遠い方のケープロイヤルは日の入時間ちょうどが到着予想時刻になっている始末。

ネットではケープロイヤルのサンセットがかなりいい評判だったので、この状況に夫は絶望。笑

ただ前日のこともあって、綺麗なサンセットを見たかったので諦めずにケープロイヤルを目指すことにしました。

結果的に到着予想時刻よりも15分ほど早く目的地に着くことが出来、胸をなで下ろしました。

 

この時決定的になったのは、
私にタイムマネジメント能力が欠如しているということ。

午前中の仮眠がなければ!昼食をファストフードのドライブスルーにしておけば!ホテルのテラスも行けたはずなんです。

そういう計算がどうやら出来ない。笑

仕事なら定時で帰るために執念でテキパキ出来るんですが、旅行になるとのんびりモードに🥺

思えば親との旅行中、ミラノでドゥオーモの屋上に登ろうした時タッチの差で入場に間に合わず、母を泣かせてしまいました。。

この話をしたら夫は爆笑して、「ほら、同じことしてるやん笑」と。

この日以来、旅行のタイムマネジメントは夫が担当するようになり、かなり効率的に動くことが出来るようになりました。

めでたし。めでたし。笑

f:id:us3jose:20200910133308j:image
↑ノースリムへ行く途中のRoute 89A「マーブルキャニオン」という辺り。

渓谷に囲まれる中を走るドライブは最高でした。このロードトリップの中でもお気に入りの道です。

ケープロイヤルのサンセット

無事、日が沈む前にケープロイヤル(CapeRoyal)に到着。

展望台に集まったのは10人弱ほどで、皆で心おだやかに、心ひとつに(主観です)、日が沈んでいく美しい景色を堪能しました。

f:id:us3jose:20200904172652j:image
↑マーサーポイントよりも岩肌に近く、コロラド川も間近に見られる。奥の視界は開けており、広大さに思わず吸い込まれそうになる。

マジックアワーのグランドキャニオンは刻々と色を変え本当に幻想的でした。個人的には、マーサーポイントよりもケープロイヤルの方が好きかなと思います。

f:id:us3jose:20200904173438j:image
↑展望台の左側の眺め

f:id:us3jose:20200904173212j:image
↑スポットライトのように差し込む光が美しい


ノースリムはサウスリムから遠く、宿が一つしかないこともあり、訪れる方は少ないですがその分、静かにゆっくり過ごせることは魅力的です。またケープロイヤルからの眺めは素晴らしい。時間がある方は足を伸ばす価値ありだと思います。

この日はGrand Canyon Lodge North Rimに宿泊。設備は古めでWi-Fiもありませんでしたが、綺麗な星空が見れました。

あと、ダイニングの大きな窓から望むグランドキャニオンの景色も最高です。

f:id:us3jose:20200904175341j:image
↑天の川が流れていました

 

次回へつづく



ロードトリップ全体の日程表:

あわせて読みたい