San Jose ゆとり駐在妻の備忘録

San Jose✍︎ ゆとり駐在妻の備忘録

英語が話せない私がカリフォルニア サンノゼで海外生活を送ったら

【PCテク#3】フォトパネルを格安で作る!バースデー・結婚式に♡

 

めがねっこのパソコンテクニックシリーズ第3弾。今回はフォトパネルを安く作る方法についてご紹介します。

f:id:us3jose:20200823092255j:plain

フォトパネルとは?

フォトパネルは、大伸ばしプリントした写真をパネル加工したもので、ニュース番組やバラエティ番組などで「フリップ」と呼ばれているパネルを思い出していただければと思います。

最近では結婚式のウェルカムボードにこのフォトパネルを用いる方が多いんです。


また結婚式に限らず、最近は自宅にインテリアとして飾るスタイルが人気です。

FUJIFILMではWALL DECOR(ウォールデコ)という名でサービスを展開しいますし、アメリカのプリント通販サイト(MixbookやShutterflyなど)でもウォールアート関係の商品は豊富です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shutterfly(@shutterfly)がシェアした投稿

 

ネックになるのは料金。

結婚式用のウェルカムボード(A2サイズ)の相場は大体6,000円超はしますし、FUJIFILMのウォールデコの場合は8,800円。


私は結婚式でウェルカムボードを飾ることにしたのですが、1日限りのイベントごとにこの値段を出すのは気が引けました。

そこでボードのデザインは自分で行って、パネルは印刷通販サイトで発注したところ、2,000円で作成することが出来ました。

 

①文字入れ

まずはじめに使用する写真に文字入れを行います。

以前ご紹介したPhontoのようなアプリで加工してもよいですが、A2サイズくらい大きく伸ばす場合は、画質を出来る限り落としたくないので、パソコンでPowerPoint等を使うことをおすすめします。


下記サイトにおしゃれなフリーフォントが紹介されていて、私はこの中のAntro VectraやAmithen Brushのフォントを使ってウェディングアイテムの作成を行いました。

【第三弾】無料DLできるおしゃれなフリーフォント10選。招待状や席札などの結婚式準備に | ARCH DAYS

 

またフォトパネルは、お子さんのバースデーにお家を飾りつけするのにもピッタリかなと思います。

娘ちゃん・息子くんのベストショットに「Happy 1st Birthday」などと文字入れをしたらかわいさMAXでしょう。

ヤンチャな姿をおさめた写真にはアメコミみたく効果音ワードを入れてもかわいいですよね♡

(こういうことのアイデアは止まりません…)  

f:id:us3jose:20200827145120j:plain

フォトパネルを並べると写真展のような空間に早変わり。

写真は大きくすればするほど、見応えがあります!

 

②ネット印刷でプリント

パネルにする素材データの準備が出来たら、続いてはプリントする作業です。


カメラのキタムラなどでポスター印刷をして発泡パネルに自分で貼り付ける方法でも安く作成出来ますが、シワなくキレイに貼り付けるのはなかなか至難の技。

失敗してやり直せば結局、業者に依頼するのと同じかそれ以上の費用がかかってしまいます。

DIYあるある)

 

私はネット印刷サイトの東京カラー印刷で、パネル印刷を注文しました。

画像データをPDF化してアップロードするだけで、後は宅配で自宅まで届けてくれます。

料金はA3サイズ1,430円、A2サイズ1,950円とお手頃です。


PDF化については下記手順で作業します☟

Wordに素材データを貼り付け→レイアウトタブ→サイズのプルダウンから印刷したいサイズを選択→名前を付けて保存→ファイル形式をPDFにして保存

(Windows10を利用されている方はMicrosoft Print toPDFでも便利です)

 

ただマイクロソフトのPDF保存orPDF印刷だとA3サイズが限界になります。

A2サイズで作成したい場合はCubePDFというフリーソフトを使うことで対応可能です。

操作は簡単で、印刷ページを立ち上げてプリンターをCubePDFに設定、詳細設定でサイズをA2にすればOKです。

(私も会社で使っていた優秀なソフトです◎)

 

プリントパックだとPDF以外にワードやパワーポイントの形式でも入稿可能です。

料金は東京カラー印刷より高いですが、キャンペーン期間中であれば同等の金額で注文することが出来ます。

 

③壁を傷つけずに取り付ける

パネルが手元に届いたらいよいよ飾り付け。

フォトパネルにピッタリの接着剤がコクヨのひっつき虫という商品。

貼ってはがせるタイプのソフト接着剤で、ネリケシのような要領でちぎってもんで、くっつけます。テープでもないので壁紙を剥がしてしまう心配もありません。

 

今回はフォトパネルを安く作る方法をご紹介しました。

発泡パネルで軽いので、日本で作ってアメリカに持ち込むのも負担になりにくいです。

 

お誕生日会・結婚式・送別会…フォトパネルで一味違った飾り付けを楽しんでみてはいかがでしょうか。